良品比較検査プログラム IP-CompareA+USBカメラセット 製品情報

良品比較検査プログラムIP-CompareA+USBカメラセット

・良品比較検査プログラムIP-Compare+専用高性能USB3.0カメラ+専用USBライセンスキーのセット

納期:お問合せ下さい

事前に良品として登録した画像と、専用USBカメラから取り込んだ検査対象の画像とを比較し、判定結果を表示するプログラムと、専用USBカメラとのセット製品です。対象物の汚れや欠陥などの判定を行えます。

良品比較検査プログラム IP-Compare+USBカメラセット 詳細

まず、良品画像を登録したのち、検査する領域やマスク領域(検査除外エリア)を設定し、それらの検査条件を「レシピ」として登録します。

このレシピには、検査対象となるサンプルの設置時に発生する、配置位置や角度の微細なズレを補正する機能もあります。(位置補正)。

設定したレシピ内容をもとに、事前に登録した良品画像と、専用カメラから取り込んだ画像とを比較検査し、判定結果を表示します。レシピは複数登録できます。

 

■登録・検査例
基準となる良品画像としてレシピに登録する画像BaseImg-OK1.jpg 検査対象例(NGパーツ例)として用意した画像BaseImg-NG1.jpg

(1)良品画像をもとに、検査領域・マスク領域・位置補正情報などを、画像検出・比較方法の「レシピ」として登録します。

良品画像と検査対象画像とを比較し、ここで設定した検査領域内(下図黄色枠内)の違いを検出しますが、「マスク領域」として設定した下図の青いエリア内に違いがあっても、NGとは判定しません。

なお、位置補正で設定したエリア(上図緑枠内)を設定しておくと、良品画像とサンプル画像とでそのエリアを比較して、サンプル設置位置や角度の補正を行い、検査領域が両者で同じ範囲となるよう補正します。

(2)レシピが出来たら、「検査モード」に切り替え、検査対象となる画像を専用カメラから取り込み、欠陥箇所があるかどうかを判定します。

※カメラからのリアルタイム画像のみならず、あらかじめPC等に保存しておいた画像の判定も可能です。

(3)下図では、「レシピ」で登録した検査領域(黄色枠内)に、良品画像であるべきツメ部分の画像が検査対象にはない(赤枠部分)ため、「NG」として判定されます。

(4)検査領域内に良品画像とサンプル画像とで相違なければ、「OK」と判定されます。 

セット内容
・良品比較検査プログラム IP-CompareA(CD-ROM・取説)
・専用USBカメラ
・USBケーブル
・専用USBライセンスキー

※PCは付属しません。下記システム要件を満たすPCをご用意ください。

ご注意 システム要件 : ご購入前に必ずお確かめ下さい。
・ディスプレイ解像度 1,280x768 以上
・Windows(R) 10(各32bit・64bit)のみ
・チップセットが Intel(R) 製であること
・RAM 4GB 以上(32bitの場合は2GB以上。ただしできるだけ多いほうが望ましい。)
・USB 3.0 ポート×1口(USBカメラ用)、USB2.0以上のポート×1口(USBライセンスキー用)搭載
・ハードディスクに十分な空き容量があること

※ 上記の条件を満たさないPCでは本製品はご利用いただけません。
※ 上記条件は動作のための最低条件です。こちらのシリーズはリアルタイム映像を扱うため、上記スペックより余裕をもった高性能PCを推奨します。
※ このプログラムでは、Matrox Imaging Library(MIL)を組み込んでいます。

※ 本製品について、仕様・外観を予告無く変更する場合があります。予めご了承下さい。

良品比較検査プログラムIP-CompareA+USBカメラセット

この製品のカテゴリー